ブログ

渦中にいると周りが見えません

投稿日:

物事の中心にいたり、深い部分までどっぷりと関わっていると、色々な事が見えなくなります。

中の人はめちゃくちゃ一生懸命がんばっているんだけれども、何だか違う方向に進んだりしてしまいます。

本人も違うなと思いながらも、何が正解かわからず、もがき続けます。

もしくは、違うなと思っておらず、自分が絶対正しいと思っている場合もありますね。

逆にそこから一歩外に出てみると、意外に色々と見えてきたりします。

見えてしまえば、何だそんなことかといった感じです。

こういうことが本当によくあります。


自分が良いと思って行った行動や、周りのことを思って言った発言も、渦中にいると、意外なほど小さなところだったり、本来の目的とは違う所にばかり意識がいってしまい、おかしなものになってしまいます。

それが一歩引いた外から見ると、そんな小さな部分にこだわっていないで、もっと大きな枠で捉えればいいんじゃないとか、本来の目的が疎かになっているよねとかが、結構見えたりするものです。

更にいけないことは、渦中にいると、外からのアドバイスに対して、素直に聞き入れられなくなってしまうということが多々あります。

聞き入れられないだけに留まらず、もっと悪くなると、言われたことに対して嫌悪感を抱いたり、反抗したりしてしまいます。

こうなってしまうと、アドバイスする側も、それなら自分達だけでやれば!と突き放してしまいます。

それはもったいないですよね。

この問題は、先日書いた「他人のことだとよくわかっても、自分のことだとわからないことに対する対応策」とも通ずるところがあるかもしれません。

正直ここまで書いてきましたが、どうしたらいいのか結論はわかりません。

とりあえず、自分が中心で関わっていても、時に一歩引いて物事を見れるように意識していきたいと思います。

うーん、意識するくらいしかないのかな・・・・。

-ブログ

Copyright© 柴田篤志ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.